ようこそ「アルファードfan★トヨタ 値引き 燃費 価格 値段 中古車 下取り」へいらっしゃいました!このサイトは、トヨタ アルファードが今とっても気になっているとか、トヨタ アルファードの大ファンだ!またはトヨタ アルファードが大好き!トヨタ アルファードの値引き価格燃費新車とか中古車などの情報が欲しい!という方を対象に、様々なコンテンツを提供していきます。最近はネットで各種情報を得られたり、たとえば掲示板評判を検索したり、大変便利になりました。もちろん、トヨタ アルファードの最新情報を見つけ次第こちらで紹介したいと思います。いろいろと長くなりましたが、当サイトは細々と更新していきますので、今後とも温かく見守って頂けるとうれしいです。
日本人男性の、約6割が悩んでます。それは・・・←クリック!
日本人女性の、約8割が悩んでます。それは・・・←クリック!
必見!おトクなバーゲン情報が満載です!!・・・←クリック!
激安格安ノートパソコン比較情報リンク集・・・←クリック!
★アルファード 中古車 パーツ 検索★
TOP> アルファード 紹介

アルファード値上げも

アルファードが値上げ?鋼材や原油価格の高騰にみまわれる自動車メーカーに、じわじわと値上げの動きが見え始めた。既存車両の価格を上げるのではないが、モデルチェンジに合わせた性能向上などと込みこみで、従来車より高い価格を設定しているのだ。少子高齢化などで自動車保有がマイナスに転じる中、露骨な値上げは車離れに拍車を掛けかねず、かといって、「原材料高は限界にきている」(自動車メーカー)。自動車メーカーの苦肉の策を、消費者はどう受け止めるのだろうか。

「アルファード」「ティアナ」など値上げ
トヨタ自動車は、ミニバン「アルファード」に旅客機のファーストクラスと同レベルの座席を取りつけるなどして高級感を打ち出し、価格を従来より約20万円高くした。日産自動車もセダン「ティアナ」の全面改良に伴い、乗り心地などを向上させることで、旧来のものより最大約40万円高く設定。ホンダも小型ミニバン「フリード」の性能を高めて、旧モデルに相当する「モビリオ」より約20万円引き上げた。

「実質的な値上げ」ともとれる新モデル車の価格引き上げ。その背景にあるのは、「コスト削減だけではもう吸収しきれない」(自動車大手)という深刻な原材料高がある。

鉄鋼大手との今年度の鋼材価格交渉で、トヨタなど自動車各社は、2007年度比35%高の1トン当たり約3万円の値上げで合意したとされる。取引価格は同10万円を史上初めて突破することになる。日産のカルロス・ゴーン社長は2008年5月、報道各社とのインタビューで、「どこかの時点で消費者に転嫁せざるを得なくなる」と述べたように、各社は、価格転嫁ができなければ、経営への影響が避けられない事態に直面している。しかし、簡単に値上げに踏み切れる環境にもない。

新型アルファード&ヴェルファイアのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)
新型アルファード&ヴェルファイアのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)
三栄書房 2008-05-20
売り上げランキング : 9351

おすすめ平均 star
star現代のハイソカー?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by アルファードfan at 14:37 | Comment(1) | TrackBack(3) | アルファード 紹介

アルファードについて

トヨタ アルファード値引き、トヨタ アルファードの価格、トヨタ アルファードの燃費などトヨタ アルファード情報をお探しの方へ。まずはじめにトヨタ アルファードの概要をご紹介します。(wikipediaより)

アルファード (Alphard) はトヨタ自動車製の3ナンバーサイズの最上級クラスのワンボックス型ミニバン。2006年12月現在はアルファードのみV6・3.5Lモデルが存在しない。

概要
トヨタの最高級3列シートミニバン。日産・エルグランドに真っ向勝負となるモデルで、2代目エルグランドとほぼ同時期に発表された。プラットフォームは2代目エスティマに採用したFFプラットホームを用いており、乗車定員は7人もしくは8人。エルグランドが最新モードのインテリアを採用したのに対し、こちらはあくまでも純和式の豪華さを目指した。面積の広いウッドパネルはその典型である。全車にパワーウインドウ付き両側スライドドア、イージークローザーシステム、リモコン開閉が可能なパワーウインドウを装備。リモコンパワースライドドアや国内初のパワーバックドアが設定された。

2.4Lおよび3Lのエンジンを搭載する。かつての「グランビア」、「レジアス」と同様にフロントエンジンであるが、後輪駆動であったグランビア(グランドハイエース)/レジアス(ツーリングハイエース)とは異なり前輪駆動が基本である。また、すべてのグレードで4WDモデルを選ぶことが可能。

初代(2002年-)
2002年5月22日 - 「グランビア」(1995年発売)と「レジアス」(1997年発売)などの統合後継モデルとして発売。
2003年 - ハイブリッド版が発売。
2005年4月 - マイナーチェンジ。内外装の変更。G-BOOK ALPHAなどを対応した。

売れ行き
グランビアの時代にはエルグランドに大差をつけられていたが、アルファードは2400ccエンジンを選べるという利点を生かし驚異的な売れ行きを見せ、グランビアの屈辱を晴らすかのように国内のLLクラスミニバン市場でトップである。同クラスではエルグランドと人気を二分しているが、エルグランドが現在の日産車に共通する「モダンリビング」のインテリアや初代から受け継がれたインパクトのある洗練されたエクステリアを持つのに対し、アルファードは高級ホテルをイメージした木目と革がふんだんに使われた豪華絢爛なインテリアとエルグランドに負けないほどの押し出しの強いエクステリアを持つ。

なお、イメージキャラクターはジャン・レノを起用している。
続きを読む
posted by アルファードfan at 15:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルファード 紹介